• ホーム
  • 会社概要
  • グループ事業
  • 品質管理の取組み
  • 人材採用情報
  • お問い合わせ

樹脂製造事業

コンパウンド事業部

徹底した品質の安定化を図るFM工場・FM倉庫

医療・食品用途の製品を製造する生産ラインと保管する倉庫をトータルで構築し、すべての工程で異物、虫、臭い、菌類に汚染されにくい清潔な空間になっています。

局所クリーン化生産方式を導入

製造工程・系列毎に分離し、重要管理ポイントには陽圧・局所クリーン化を導入。製品要求に適合した最適な製造条件で生産しています。

低融点グレードの通年粉砕と長期保管を実現

粉砕工場内の室温は低温13℃で管理。粉砕工程を温度管理区域毎に分け、空気の流れ、人の流れ、物の流れを考え、作業区域の交差汚染と塵埃の侵入を防止しています。

遠隔監視システムで生産ラインを集中管理

工場内はイーサネットLAN経由で複数の押出機の運転状況を常に管理、把握して稼動の効率化と品質管理を図っています。

主要機器設備

コンパウンドプロセス 台数
押出機 二軸 TEX54αII(9)、54α(1)、44αII(1) 20
TEM48SS(1)、FCM-120EXT(1)
単軸

100mm(3)、70mm(2)、125mm(1)、105mm(1)

※ストランド式(10)、UWC式(9)、UWSC式(1)
ブレンド タンブラー式(5)、循環タンク式(12) 17
脱臭 6000L(3)、4000L(1) 4
危険物取扱所 一般危険物取扱所(1)、少量危険物取扱所(3) 4
危険物貯蔵所 室内貯蔵所/常温(1)、5℃(2) 3
ブレンドプロセス 台数
タンブラー 5000L(3) 3
粉砕プロセス 台数
粉砕機 フェザーミル(2)、ボーンカッター(1) 3

リサイクル事業部

廃プラスチックの”トータルプラン”をご提供します。

私達は、廃プラスチックは廃棄物では無く、”有益な資源”と考えます。プラスチックの買取り・販売だけでなく、特に受託加工に注目した事業を展開しています。又、廃プラの中でも再生が難しい樹脂に注目。コンパウンド加工技術を取り入れ、工程の管理、全国販売網を生かした”循環型ものづくり企業”を目指してきました。社員一丸となり、コンプライアンスを徹底し、皆様から信頼される会社をお約束します。

鹿島から中部〜九州。廃プラネットワークを築いています。

樹脂製品の回収・再生の意識が高まる中、明菱では長年地域に根差したプラスチック再資源化事業に取り組んできました。近年の廃プラスチック多種・多様化に伴い、加工技術の向上に日夜取り組み、お客様の要望に合わせた再生樹脂原料の開発・生産をご提案します。引き続き、ネットワークを生かし、きめ細やかなご対応を常に心掛け、新しいサイクルの仕組みをお届けします。

物流サービス事業部
  • コンビナート構内作業
    四日市のコンビナート構内において、エポキシ樹脂の包装充填、およびポリスチレンの包装・出荷作業を行っています。約30名が業務請負として作業しています。
  • 樹脂運搬
    主にグループ内の廃樹脂とリペレット品の輸送を行っています。

品質管理

高付加価値製品への対応
徹底した品質管理

最新鋭の検査機器による徹底した品質管理体制の確立は、これからのコンパウンド製品の高品質化、高機能化が必要とされる時代のニーズにしっかりと応えていくための重要なファクターです。

主な検査設備 台数
MFR計 7
インフレーションフィルム成形機(FE) 3
射出成形機 2
プレス機 2
シート成形機(ゲル分率、押出外観) 1
カラーマッチングマシン 1
赤外分光光度計(FT-IR) 1
密度計 1
40mm単軸押出機 1
引張圧縮試験機(引張強度、曲げ弾性率) 1
シャルピー衝撃試験機、ノッチング機 1
ロックウェル硬度計、デジタル硬度計 1
色差計 1
真空乾燥機 4


このページトップへ