• ホーム
  • 会社概要
  • グループ事業
  • 品質管理の取組み
  • 人材採用情報
  • お問い合わせ

品質管理の取組み

ISO9001-オリオ精機株式会社-

品質管理の取り組み

精密機械部品加工メーカーとして、加工技術及び生産システムの確立を日々追及し、様々な加工品質のオーダーに対応できるよう品質の向上改善を行っております。

ISO9001認証取得(2010.9.2取得)

ISO9001品質マネジメントシステムを遵守し、お客様とのパートナーシップによる協力体制を推進し、お客様満足度の向上に努力しています。

品質方針

わが社の経営理念、基本経営方針に基づいて、品質方針を次のように設定する。

わが社は精密機械加工メーカーとして、独自の加工技術及び生産システムの確立を追求し、高品質、高精密な機械加工部品を提供することにより、様々なお客様のニーズに創意工夫を加えて応えている。

このためにISO9001品質マネジメントシステムを構築し、システムの継続的改善を図り、より要求事項に適合する製品を提供することを通して、さらに強固なお客様とのパートナーシップの構築と、お客様の満足の向上を目指す

品質方針の展開


  1. 私は、年頭の挨拶、年度の方針及び目標の説明時に、全社員及び社内で働く全ての人々に品質方針について説明を行うとともに、部門長を通じて各部門への品質方針の浸透及び徹底を図る。
  2. 品質方針の達成のために、品質方針に基づき、年度初めに品質目標を設定し、品質会議において各部門長に品質目標の設定の意図を説明し、管理責任者を通じて、各部門のレベルまで具体的な品質目標の設定、達成のための活動計画の設定、各部門の末端までの目標及びその達成のための活動の周知徹底を指示する。
  3. 品質方針の適切性については、年1回のマネジメントレビューの中で、管理責任者の報告に基づいてレビューを行う。

2014年4月17日
執行役員社長 平川 博司


このページトップへ